カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「【日記】」の記事

(2009年4月追加)

2013年8月30日 (金)

花火大会

この夏は非常に暑くなった上に突然の豪雨も多くて大きな花火大会も途中で中断するなど異例続き。ようやく朝晩が涼しくなってきた先週、地元の花火大会が開催されました。

この日もやや不安定な天候ということで、途中で強い雨が降ってきてしまいましたが、じきに止んで無事に最後まで打上げられました。

毎年屋上で撮影を試みるのですが、今回いくつかきれいに撮ることができました。
Dsc06410
電線に掛かってしまったのが残念。
Dsc06424
色が真ん中で分けれられたもの。
Dsc06445
ちょっと珍しい形?
Dsc06461
ひまわりと呼ばれる形。
Dsc06465
青い色がきれい。
Dsc06482
フィナーレ。大きく広がった後下に垂れ下がってくる「かむろ」と言われる形になるところです。

実はこの大会の前、しばらく入院することになってしまい、花火大会までに退院できるか心配でした。でも実際には思ったより早く退院できたので、無事に自宅で鑑賞することができてよかったです。

2013年7月13日 (土)

ベランダクリーナー

久しぶりの更新は久々の住まい関連の話です。
以前から外壁や塀に生える苔が気になっていたので高圧洗浄機が欲しいなあと思っていましたが、なかなか決断できずにいました。でも今年入ってから静音タイプのものが出てきたのでついに購入。
Dsc05168 Dsc05165
本体はアマゾンで購入。右のサクションホースセットはビックカメラで。これはため水を吸い上げるためのセットです。
実は5月下旬にすでに買ってあったのですが、梅雨が終わってからやろうと思っていました。とりあえず組み立てだけやっておいてカバーを掛けて玄関に設置。

そして梅雨が明けたと思ったら途端に猛暑。外の作業をする気が萎えましたが、ここでやらないといつやるか?(今でしょ!)というわけで思い切って準備を始めました。

まずはどこから水を引くか?外の水道は普段ホースリールを接続しています。最初は蛇口からホースを外して付属のホースにつなぎ替えるつもりでしたが、しっかり接続できずすぐに外れてしまいます。そこでホースの先のシャワー部分を外して本体につなぐことにしました。
Dsc05991 Dsc05992
このように付け替えて・・・
Dsc05990 Dsc05994
本体に差し込んで使います。この方法なら蛇口から遠くても使えますね。
Dsc06006
接続するノズルはこの3種。最初外壁洗浄に向いているという真ん中のサイクロンジェットノズルを試してみたところ、勢いが強すぎ。そこで圧力の調整ができる左のバリオスプレーランスを使用。
Dsc05997 Dsc06001
こんな感じで水の当たったところがよく落ちているのがわかります。
Dsc05998
右のデッキクリーナーを使うとこんな感じ。水はねが少ないのはいいのですが、やはりこれは床の広い範囲専用で、隅っこの汚れをとるのには向かないです。
Dsc06005001
ちなみにサイクロンジェットノズルを床に当てるとこんな感じで当てた部分だけ細い模様になります。

特に気になる箇所だけ一通り洗浄をやってみると足下は結構泥はねがひどかったです。それなりの格好でやらないとだめですね。
それから塀を洗ったあと乾いたのを見てみると実は結構むらがあってまだ汚れが残っていました。周りのプランターなども片付けてちゃんと準備してから徹底的にやる必要がありそうです。

ちなみに、ため水を使った掃除もしてみようと思ったのですが、今回はうまく吸い込ませることが出来ませんでした。またの機会にまたチャレンジしてみます。

2013年5月 6日 (月)

山陰旅行-足立美術館編-

山陰旅行も三日目。最終日です。
この日は足立美術館に行くことにしました。まず松江から安来に移動。
Dsc04958
安来といえばどじょうすくいの安来節で有名ですね。「あらエッサくん」というキャラクターがいました。
Dsc04961
駅前のロータリーにはどじょうが描かれていました。矢印代わり?
安来駅から無料のシャトルバスで20分かけて足立美術館へ向かいます。
Dsc05008
足立美術館は横山大観のコレクションと日本庭園が有名です。米国の日本庭園専門誌で10年連続で日本一に選ばれているそうです。
Dsc04965 Dsc04967
庭園は撮影OK。枯山水庭、苔庭、白砂青松庭、池庭などいろいろ趣の異なる見事なお庭が見られます。
Dsc04971Dsc04974
この日もお天気が今ひとつで、写真を撮ってみると色がさえないですね。
Dsc04986
5月なのに一本だけ真っ赤に紅葉した木がありました。
Dsc04991 Dsc04993
これは生の額絵と生の掛け軸。窓の外の庭園を絵に見立てています。

ところで館内の展示ですが、春期特別展として橋本関雪の作品を中心に有名な日本画家の作品が展示されていました。横山大観と言えば紅葉の絵が有名ですが、これは秋期の特別展の時に展示されるようです。見たかったのでちょっとがっかり。
Dsc05003 Dsc05006
館内の喫茶室、大観で昼食にしました。私は笹巻きおこわ。しまね和牛、赤貝、鰻を乗せて笹で包んだおこわです。中身の写真はきれいに撮れなかったのでメニューの写真です。

食事の後は陶芸館と新館を見学。陶芸館では北大路魯山人と河合貫次郎の焼き物、新館では「足立美術館賞」受賞作や「院展」入選作などの新しい絵画が展示されていました。

再びシャトルバスに乗って安来駅に戻り、米子駅に移動。
Dsc05012 Dsc05013
米子駅でお茶とホットケーキで一休み。駅からは空港までバスで向かいますがその出発までかなり時間があるので時間をもてあましてしまい、しばらくしてから梨のソフトクリームも食べてしまいました。
Dsc05016
空港でまた鬼太郎に再会。これで山陰ともお別れです。

これで今回の旅行もおしまいです。

山陰旅行-松江城編-

一畑電車の終点、松江しんじ湖温泉駅で下車して、今度は松江城へ向かいます。
Dsc04842
駅前には足湯もありました。でも一休みせず徒歩で15分ほど歩きます。
Dsc04847
県庁前には藩主松平直政像がありました。
Dsc04890
松江城天守閣です。全国に現存する12天守の一つで重要文化財に指定されています。
Dsc04894
天守閣からの眺め。この日も空は晴れずどんより。その上ちょっと肌寒かったです。
Dsc04900 Dsc04914
これは城内にある城山稲荷神社。小泉八雲がこの狐の石像を気に入っていたのだそうです。
Dsc04917 Dsc04918_2
城内のお茶屋で一休み。ぶぶだんごという結構大きめのお団子です。美味しかったけどお茶でなくお水が出てきたのが残念。
Dsc04926 Dsc04930
お城を出てすぐのところに小泉八雲記念館と旧居があります。八雲が武家屋敷に住みたいと思っていたので旧松江藩士の屋敷を借りたのだそうです。
規模は小さいものの美しいお庭があり、たびたび作品の中にも描かれています。池の蛙の鳴き声がとても大きくてびっくりしました。
Dsc04943 Dsc04938
こちらは武家屋敷。中級藩士が住んでいた屋敷で、八雲の旧居よりはかなり大きな屋敷でした。
Dsc04946
移動のバスを待つ間にまた茶屋で休憩。今回はお茶とお菓子のセット。やっぱり緑茶を飲むとほっとしますね。
2日めの観光はこれで終了。

つづく

2013年5月 4日 (土)

山陰旅行-宍道湖・出雲大社編-

米子から山陰本線で松江にやってきました。
F1000029
ホテルに荷物を置いた後、宍道湖まで歩いてみました。
Dsc04726
宍道湖は夕日スポットとして知られているのですが、どんより曇っていてとても夕日は見られそうにありません。
Dsc04730 Dsc04732
島根県立美術館の外にはブロンズのうさぎたち。藪内佐斗司作の「宍道湖うさぎ」です。藪内佐斗司氏はあの「せんとくん」の作者ですね。
Dsc04735
さらに歩くと大きなお地蔵様が立っていました。袖師地蔵といって水難者を供養するために作られたそうです。このお地蔵様の足下にはしじみの貝殻が沢山落ちていました。
Dsc04739 Dsc04740
夕食は洋食のレストランへ。
Dsc04742 Dsc04743
どの料理も美味しかったのですが、魚介のパエリアが思いの外豪華でびっくり。真ん中にはメバルがまるごと一匹、周りには桜エビや白魚など旬の素材がたっぷりでした。

さて、翌日は松江駅から出雲大社へ向かいます。
Dsc04751
JRで出雲市駅へ。駅も大社風の造り。
Dsc04753 Dsc04754
ここから一畑電車に乗り換え。実は映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」を見てから一度乗ってみたいと思っていたのでした。これはワンマン運転の2両編成。自転車の持ち込みも出来ます。実はこの車両は元は京王電鉄の5000系。映画の中でも京王線の車両を改造しているという話が出てきました。
Dsc04755
改札鋏の入った切符なんて久しぶりに見ました。
Dsc04759 Dsc04766
出雲大社駅には映画の中に何度も登場した「デハニ50形」の車両が展示されていました。
これは1928から29年の間に作られた一畑電車唯一のオリジナル車両で、2009年3月に引退したものの映画の撮影のために、一ヶ月間走行したのだそうです。

さて、出雲大社へは駅から徒歩で向かいます。
Dsc04772 Dsc04779
参道を歩いていたら途中下り坂になっているのでびっくり。上ったところに神社があるのは珍しくないのですが。やはり他の神社とは違いますね。
Dsc04782 Dsc04783
途中でお囃子が聞こえてきたので音の方に行ってみたら神楽の演奏が行われていました。
Dsc04784 Dsc04785
これはムスビの御神像。「大国主命が幸魂と命魂を授かり縁結びの神になったことを象徴する像」だそうです。
Dsc04788
現在は平成の大遷宮を行っているのでこの御仮殿にお参りします。参拝は二礼四拍手一礼で、これも他の神社とは異なります。
Dsc04789
こちらは本殿の前の八足門。これより奥には入れません。隙間から修造の工事の様子を眺めることができました。
Dsc04800
本殿の奥にある素鵞社の遙拝所から本殿の屋根が見えました。
Dsc04818 Dsc04820
こちらは神楽殿。日本一の注連縄は迫力ありますね。
Dsc04829
昼食は出雲そばとぜんざい。実は当初入ろうと思っていたお店がなんと長期休業中だったので違うお店に入ったのですが、こちらも美味しかったです。
Dsc04833
大国主命と因幡の白兎像。
Dsc04838
再び一畑電車に乗って松江しんじ湖温泉駅に向かいました。

つづく

山陰旅行-境港編-

今年の大型連休は山陰方面に行くことにしました。久しぶりに羽田空港から国内線で移動。
Dsc04447
窓から富士山がくっきりと見えました。
Dsc04448 Dsc04450
1時間ちょっとで米子鬼太郎空港に到着。ターンテーブルには目玉おやじが回っていました。
空港から境港へは「はまるーぷバス」で移動。
Dsc04476 Dsc04478
境港駅前に着くとちょうど「妖怪列車」が到着していました。ねずみ男列車と鬼太郎ファミリー列車の2両編成。
Dsc05027 Dsc05029
観光案内所でガイドブックを手に入れて水木しげるロードへ向かいます。水木しげるロードには沢山の妖怪のブロンズ像が設置されています。スタンプも設置されているのでスタンプラリーにも参加します。
Dsc04480 Dsc04486
駅前にもすでに沢山の像が。左は「死神」、右は「水木しげる先生執筆中」。
Dsc04501 Dsc04513
他にもいろいろなところに鬼太郎たちがいます。
Dsc04604
水木しげる記念館の近くには着ぐるみの妖怪たちもいました。一緒に写真を撮る人が多いので全部のキャラクターの撮影はできませんでした。ねずみ男が一番人気がありました。
Dsc04619
水木しげる記念館では先生の生い立ちや作品、各地に伝わる妖怪などが紹介されていました。
Dsc04639 Dsc04634
お昼はラーメン。私は鬼太郎まぐろラーメンにしました。観光地なのであまり期待はしていなかったのですが、意外と美味しかったです。透き通ったスープは鮪で出汁をとったものだそうで、さっぱりして葱や生姜の風味も感じました。
Dsc04672
来た道の反対側を通って駅に戻りますが、こちらにもブロンズ像が沢山。これは「べとべとさん」。
Dsc04680
途中のベーカリーではこんなものもありました。
Dsc04701 Dsc04702
こちらは妖怪倉庫。実際に使われていた物に妖怪の絵を書いたようです。ここは水木しげるロードからはちょっと離れているので、スタンプが設置されているのでなければ来なかったでしょう。
Dsc05028
無事に全部のスタンプを押したので完走賞を貰いました。
この後はさっき見かけた「妖怪列車」に乗って移動です。
Dsc04725
妖怪列車の境線の終点、米子駅では0番ホーム(霊番ホーム)に到着。山陰本線に乗り換えです。

つづく

2013年3月30日 (土)

KITTEにイッテ来ました

先日、夫が出張で羽田空港に行ったので私も見送りついでに空港まで行ってきました。その帰り、せっかくなので東京駅まで足を伸ばすことにしました。
Dsc03953 Dsc04039
最初の行き先は、「東京おかしランド」に期間限定で出店している「ハッピーターンズ」。ここではいろいろなフレーバーのハッピーターンが販売されているのです。着いたのは10時前。他の店舗がまだ空いていない時間のせいか、並ぶ人も少なくて5分ほど待っただけで入店出来ました。全種類の味が入っている物をすぐに買うことが出来ました。

その後はしばらく近辺をうろうろしてから早めにお昼を済ませ、OPENばかりのこちらへ。
Dsc03966
東京中央郵便局を建て替えてできたJPタワー。その商業施設がKITTEです。
これは地上から撮っていますが、東京駅から地下通路でつながっているというので、地下から入ってみることにしました。
Dsc03975 Dsc03976
KITTEの地下は「全国ご当地銘品フロア」ということで日本各地からお店が集まっています。右の写真は味噌汁専門店。この写真ではそれほど混雑しているように見えませんが、お昼近くだったのでイートインのあるお店には続々と人が集まって混み合っていました。
Dsc03980 Dsc03984
珍しいのはこちら。フリーズドライ食品の専門店です。北野エースでフリーズドライお味噌汁のCMがよく流れていたので知っていたのですが、他にもいろいろな食品がありました。
Dsc03983 Dsc04030
左は味噌と具材の組み合わせを選べるお味噌汁。でも結構高くつくので、私は珍しい物を購入。フリーズドライのカレーと枝豆ポタージュ。非常食にもなるかなと思ったのですが、賞味期限は普通のレトルトとあまり変わらないですね。
Dsc03986 Dsc03988
エスカレーターで1階に上がったところ、いきなり凄い行列に遭遇。何かと思ったら、1階から上の階に上がるエスカレーター自体に行列ができていたのでした。そうか、殆どの人は1階から入り、地下から入ってくる人は少数派だったのですね。
1階は広い吹き抜けがありきれいな桜の写真が掛けてあるな、と思ったら巨大な絵はがきでした。
Dsc03989
エレベーターで最上階に上がってから階段を下りながら見物することにしました。でもエレベータは最上階までは行かないので最後だけエスカレーターに乗り換え。レストランフロアだったのですでに人がぎっしり。お昼を他で済ませて正解でした。
Dsc03995 Dsc03998
最上階には屋上庭園がありました。混雑のため一方通行でしたが、とても眺めがよく、東京駅の丸の内駅舎を上から見ることができて面白かったです。
Dsc04016
4Fには旧東京中央郵便局長室を再現した部屋もありました。昔の建築中の様子を表した写真も展示してありました。
Dsc04019
2・3階にはミュージアムがありました。東京大学で長年収集してきた学術標本などが沢山展示されていて結構面白かったです。写真撮影はできませんが、入場無料でこんなにいろいろ見学できるとは思いもよらなかったのでよかったです。

まだ出来たばかりだし、春休み中ということでしばらくの間は混雑が続くと思いますが、普通のショッピングセンターとはひと味違うので、そのうちにまた行ってゆっくり見てみたいと思います。

2013年2月19日 (火)

小田原名物といえば・・・

先日夫が出張に行っていた間に休日があったので、代休をとることになりました。そこで一度行ってみたかった小田原に行くことにしました。

小田原は箱根に行くときに必ず通るのですが、いつも乗り換えるばかりで外に出ることは殆どありません。ちょっと遠いけど泊まりがけにするほどではないので行く機会がなかったのです。
Dsc03446
我々は小田急のロマンスカーで向かったのですが、JRの改札の上には大きな小田原提灯が下げてありました。
Dsc03456
まず向かったのは駅から徒歩10分くらいのところにある小田原城。歩道にはこんな可愛いタイルがいくつか敷いてありました。
Dsc03464
北側の登城口を上っていくと途中に発掘調査中の場所がありました。御用米曲輪と呼ばれていたところだそうです。文字通りお米を蓄える蔵があったそうです。
Dsc03474
こちらが天守閣。と、いっても昭和になってからコンクリートで復元したものです。中は歴史資料が沢山。展望台もありましたが、この日はあいにくの雨模様。海が近いのに霞んで見えませんでした。
Dsc03479
城内を歩いていると石垣を上り下りする猫がいました。時折落っこちそうになったり、隙間に入り込んだりして注目の的でした。
Dsc03484 Dsc03491
小田原といえば梅も有名ですね。曽我梅林が有名ですが、城址公園にも梅の木があり、ちょうど見頃でした。
Dsc03511
雨に濡れた紅梅もなかなかよかったです。

さて、お城の次に向かったのは・・・。
Dsc03516
こちら、鈴廣のかまぼこ博物館です。かまぼこも小田原の名物ですね。
Dsc03518 Dsc03537
こちらではかまぼこ・ちくわの手作り体験ができるのです。あらかじめ予約しておいたのですが、着いたときはちょうど前の回が行われていました。その周りにはかまぼこに関する知識を学ぶことができるコーナーになっていました。

体験の前に昼食を済ませます。この博物館の周辺一帯は「鈴廣かまぼこの里」といって、レストランや土産物店などの建物がいくつもあります。この日は雨のため傘の貸し出しがあり、各建物の移動に利用することが出来ました。
Dsc03532
今回行ったのがこちらのビュッフェレストラン。
たまたま期間限定で平日ランチは時間無制限になっていました。
Dsc03525 Dsc03526
Dsc03529 Dsc03530
かまぼこを使ったオードブルや地元産の野菜や肉、魚を使った料理が沢山。デザートもいろいろあってついつい食べ過ぎてしまいました。
チョコレートファウンテンもありました。
Dsc03538
手作り体験の時間までの間、博物館2階を見学。かまぼこ板絵コンクールの入賞作品や招待作家の作品が飾ってあり予想外に面白かったです。こちらは水木しげる先生の作品。

さて、手作り体験ですが、二人で参加したので写真はなし。ヘッドカバーとエプロンを着けて衛生面にはとても気を遣いました。かまぼこ板の裏とちくわ用の竹に自分の受付番号を書いて準備完了。
まずかまぼこですが、まず職人さんのお手本を見せてもらってから取りかかります。すり身をアイスクリームスプーンで2杯ほどもらうと専用の包丁でよく練り、かまぼこ板に少しずつ盛りつけていきます。これがなかなか難しくてなかなか表面がなめらかになりません。
できあがったら蒸し器に入れてもらいます。
次はちくわ。アイスクリームスプーンで1杯のすり身を使って作ります。まな板の手前に四角くすり身を伸ばして包丁でしごきながら竹に巻き付けて行きます。残ったすり身を表面につけてならして出来あがり。こちらは焼いていきます。
Dsc03542
ちくわはこんな機械でぐるぐる回しながら焼かれていきます。ちくわは20分ほど、かまぼこは70分ほど待ちます。焼きたてのちくわを食べたい人は20分後に取りに行くのですが、我々はかまぼこと一緒に持ち帰ることにしました。
ちなみに、作ったものは添加物が入っておらず、オープンな環境で作られているので消費期限が短く、ちくわは1日、かまぼこは3日とのことです。

かまぼこが蒸し上がるのを待つ間、お土産を買うことにしました。いろいろ美味しそうなかまぼこがあったのですが、手作りかまぼこがあるのであまり沢山は買えませんでした。
Dsc03545
まだ時間があったのでカフェで一休みしてから無事にかまぼことちくわを持って帰りました。
Dsc03547 Dsc03551
時節柄、小田原駅には雛人形とつるし飾りが飾ってありました。
Dsc03565
ロマンスカーを待つ間には藤子・F・不二雄のキャラクター電車が入ってきました。後で乗り換えの時にたまたま同じ電車に乗ることが出来ました。
Dsc03568 Dsc03572
こちらが今回のお土産。左が手作りかまぼこ・ちくわです。この他に魚の干物も買いました。ちくわはその日のうちに食べてしまいました。これからしばらくは毎日かまぼこ料理になりそうです。
今回気になりつつも買えなかったかまぼこがいろいろあるので、そのうちまた取扱店舗に行って探してみたいと思います。

2013年2月11日 (月)

節分の豆まきめぐり

すこし間が空いてしまいましたが、先日の節分の話です。今年はちょうど日曜日でしたが、夫も不在なのであちこち豆まきをやっている寺社をまわってみることにしました。

最寄り駅の沿線で一番早く行われるところは高幡不動。10時から開始とのことでしたが、最初は年男年女の紹介などがあるのですぐには始まらないだろうとややのんびり構えて向かっていました。ところが、駅を出て参道に入っていくと・・・
Dsc03276
何この行列??
なんと、豆まき式の会場に近いエリアの入場制限をしていたようなのです。しかも10時の部はもう一杯、11時の部を待っている人なのですが、後ろの方は13時の部になるという話も。

境内の他のところには入れるようなので、豆をもらうのはあきらめてとりあえず行ってみることにしました。
Dsc03282
境内の中はすでに大混雑。奥の方に見えるのが豆をまく人のいる場所です。
Dsc03291
ズームの倍率を最大にして何とかここまでアップにすることが出来ました。芸能人やキティちゃんがいました。
Dsc03304
ちょっと離れた五重塔の周りも人で一杯でした。
結局こちらで袋入りの福豆と「ほのほうちわ」を入手。

一旦地元に戻って昼食を済ませ、今度は布多天神の豆まきへ。こちらは12時30分からです。
規模は小さいし、有名人など来ないのですが、さすがに今年は日曜日なのでいつもとは違っていました。
Dsc03311
5分前に着いたもののやはりこの人だかり。豆は届きそうにありません。
ここは30分おきに豆まきを行うのでこの回はあきらめ、終わってから前の方に行って13時の部を待つことにしました。本当は深大寺にも行こうと思っていたのですが、今回は断念。
Dsc03328
この回では豆まきの前に神楽がありました。
Dsc03340
鬼を追い払って福の神があらわれます。
そして豆まき。前の方にいたにもかかわらず、なぜか自分の方にうまく飛んで来ず、結局飴玉一個しかもらえませんでした。もらえなかった人は先着100名まで手渡しで豆がもらえるのですが、それもあっという間に無くなってしまいました。

この後は大國魂神社に行くことにしたのですが、実はこの日後輩の出演するミニコンサートが近くであったので先にそちらに顔を出すことにしました。

大國魂神社の豆まき式は16時の部なら十分間に合うだろうと思っていたのですが、結局ぎりぎりで着いたのがまたも5分前。
Dsc03341
こちらは広いのでなかなか豆まきの場所までたどり着けません。
Dsc03343
ようやく近づきましたが門の外まで人があふれています。
Dsc03348
こちらは豆をまく場所が低いので、普通に立っていると殆ど見えません。門の外から手を伸ばして撮影。
Dsc03358
何とか門の内側まで入ることが出来たので何とか手を上にあげてやっと撮ったもの。ドラえもんの他、芸能人・スポーツ選手など多数。
Dsc03356
東京国体のキャラクター、「ゆりーと」と府中市のキャラクター「フーちゃん」。
今回も豆は届きませんでしたが、思っていたよりは遠くまで飛んでいたような気がします。Dsc03374
豆まきのあと、別の場所で神楽の演奏がありました。
Dsc03380 Dsc03381
こちらが高幡不動で頂いてきた福豆とうちわです。福豆の中に福銭も入っていました。

それにしても、やっぱり休日の豆まきの人出は例年とは大違い。甘く見ていました。

2013年2月 8日 (金)

プロジェクションマッピング

先週末、夫が長期の出張に出かけました。そこで久しぶりに夕方から夜に掛けて出かけてきました。
Dsc03207 Dsc03208
行き先は渋谷のNHK。駅から直行バスで向かいました。

たまたまスタジオパークは無料公開日だったのでちょっと覗いてきました。
結構人が多かったのと撮影の可否がわかりにくかったので無難なところだけ撮影。
Dsc03214 Dsc03215
中のどーもくんカフェ(休憩所)にはこんな椅子がありました。
Dsc03217
飲食スペースにはこんなメニューも。すでに売り切れでしたが。
Dsc03218
渋谷駅直行のバスはこんな柄。
Dsc03210
こんな展示もあったのですが、先にスタジオパークに行ったらすでに終了時刻になっていました。

さて、今回こちらに来た本当の目的はこちら。
Dsc03220 Dsc03224
TV放送開始60年を記念したプロジェクションマッピングが行われるのです。前に東京駅の丸の内駅舎でプロジェクションマッピングが行われた時は観客があまりにも多くて早々に中止されてしまったというもの。見るのは初めてです。

NHKホールの外壁に巨大などーもくん像を設置して映像を投影するのです。早めに着いたので前の方の場所を確保。最初に何度かテストを行っていました。
Dsc03227 Dsc03230
「テレビ60年感謝祭 プロジェクションマッピング どーもくんセレブレーション」が始まりました。

どーもくんがリモコンのスイッチを入れるとまず、大河ドラマ「赤穂浪士」に変身。
Dsc03232 Dsc03234
次は大河ドラマでも戦国時代物?そして東京オリンピック。
写真には撮れませんでしたが、どーもくんが回転したりバレーのアタックをする映像も映し出されました。
Dsc03237 Dsc03238
アポロの月面着陸、紅白歌合戦。
Dsc03241 Dsc03243
大阪万博、と思ったら急に暗転?
Dsc03248 Dsc03249
古代の恐竜時代から未来の世界へ。
Dsc03257
そしてフィナーレ。

約3分ほどの映像ショーであっという間に終わりましたが面白かったです。

より以前の記事一覧

Twitter


ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

mail


  • お問い合わせはこちら