カテゴリー

無料ブログはココログ

カテゴリー「グルメ・クッキング」の記事

2013年5月 6日 (月)

山陰旅行-足立美術館編-

山陰旅行も三日目。最終日です。
この日は足立美術館に行くことにしました。まず松江から安来に移動。
Dsc04958
安来といえばどじょうすくいの安来節で有名ですね。「あらエッサくん」というキャラクターがいました。
Dsc04961
駅前のロータリーにはどじょうが描かれていました。矢印代わり?
安来駅から無料のシャトルバスで20分かけて足立美術館へ向かいます。
Dsc05008
足立美術館は横山大観のコレクションと日本庭園が有名です。米国の日本庭園専門誌で10年連続で日本一に選ばれているそうです。
Dsc04965 Dsc04967
庭園は撮影OK。枯山水庭、苔庭、白砂青松庭、池庭などいろいろ趣の異なる見事なお庭が見られます。
Dsc04971Dsc04974
この日もお天気が今ひとつで、写真を撮ってみると色がさえないですね。
Dsc04986
5月なのに一本だけ真っ赤に紅葉した木がありました。
Dsc04991 Dsc04993
これは生の額絵と生の掛け軸。窓の外の庭園を絵に見立てています。

ところで館内の展示ですが、春期特別展として橋本関雪の作品を中心に有名な日本画家の作品が展示されていました。横山大観と言えば紅葉の絵が有名ですが、これは秋期の特別展の時に展示されるようです。見たかったのでちょっとがっかり。
Dsc05003 Dsc05006
館内の喫茶室、大観で昼食にしました。私は笹巻きおこわ。しまね和牛、赤貝、鰻を乗せて笹で包んだおこわです。中身の写真はきれいに撮れなかったのでメニューの写真です。

食事の後は陶芸館と新館を見学。陶芸館では北大路魯山人と河合貫次郎の焼き物、新館では「足立美術館賞」受賞作や「院展」入選作などの新しい絵画が展示されていました。

再びシャトルバスに乗って安来駅に戻り、米子駅に移動。
Dsc05012 Dsc05013
米子駅でお茶とホットケーキで一休み。駅からは空港までバスで向かいますがその出発までかなり時間があるので時間をもてあましてしまい、しばらくしてから梨のソフトクリームも食べてしまいました。
Dsc05016
空港でまた鬼太郎に再会。これで山陰ともお別れです。

これで今回の旅行もおしまいです。

山陰旅行-松江城編-

一畑電車の終点、松江しんじ湖温泉駅で下車して、今度は松江城へ向かいます。
Dsc04842
駅前には足湯もありました。でも一休みせず徒歩で15分ほど歩きます。
Dsc04847
県庁前には藩主松平直政像がありました。
Dsc04890
松江城天守閣です。全国に現存する12天守の一つで重要文化財に指定されています。
Dsc04894
天守閣からの眺め。この日も空は晴れずどんより。その上ちょっと肌寒かったです。
Dsc04900 Dsc04914
これは城内にある城山稲荷神社。小泉八雲がこの狐の石像を気に入っていたのだそうです。
Dsc04917 Dsc04918_2
城内のお茶屋で一休み。ぶぶだんごという結構大きめのお団子です。美味しかったけどお茶でなくお水が出てきたのが残念。
Dsc04926 Dsc04930
お城を出てすぐのところに小泉八雲記念館と旧居があります。八雲が武家屋敷に住みたいと思っていたので旧松江藩士の屋敷を借りたのだそうです。
規模は小さいものの美しいお庭があり、たびたび作品の中にも描かれています。池の蛙の鳴き声がとても大きくてびっくりしました。
Dsc04943 Dsc04938
こちらは武家屋敷。中級藩士が住んでいた屋敷で、八雲の旧居よりはかなり大きな屋敷でした。
Dsc04946
移動のバスを待つ間にまた茶屋で休憩。今回はお茶とお菓子のセット。やっぱり緑茶を飲むとほっとしますね。
2日めの観光はこれで終了。

つづく

2013年5月 4日 (土)

山陰旅行-宍道湖・出雲大社編-

米子から山陰本線で松江にやってきました。
F1000029
ホテルに荷物を置いた後、宍道湖まで歩いてみました。
Dsc04726
宍道湖は夕日スポットとして知られているのですが、どんより曇っていてとても夕日は見られそうにありません。
Dsc04730 Dsc04732
島根県立美術館の外にはブロンズのうさぎたち。藪内佐斗司作の「宍道湖うさぎ」です。藪内佐斗司氏はあの「せんとくん」の作者ですね。
Dsc04735
さらに歩くと大きなお地蔵様が立っていました。袖師地蔵といって水難者を供養するために作られたそうです。このお地蔵様の足下にはしじみの貝殻が沢山落ちていました。
Dsc04739 Dsc04740
夕食は洋食のレストランへ。
Dsc04742 Dsc04743
どの料理も美味しかったのですが、魚介のパエリアが思いの外豪華でびっくり。真ん中にはメバルがまるごと一匹、周りには桜エビや白魚など旬の素材がたっぷりでした。

さて、翌日は松江駅から出雲大社へ向かいます。
Dsc04751
JRで出雲市駅へ。駅も大社風の造り。
Dsc04753 Dsc04754
ここから一畑電車に乗り換え。実は映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」を見てから一度乗ってみたいと思っていたのでした。これはワンマン運転の2両編成。自転車の持ち込みも出来ます。実はこの車両は元は京王電鉄の5000系。映画の中でも京王線の車両を改造しているという話が出てきました。
Dsc04755
改札鋏の入った切符なんて久しぶりに見ました。
Dsc04759 Dsc04766
出雲大社駅には映画の中に何度も登場した「デハニ50形」の車両が展示されていました。
これは1928から29年の間に作られた一畑電車唯一のオリジナル車両で、2009年3月に引退したものの映画の撮影のために、一ヶ月間走行したのだそうです。

さて、出雲大社へは駅から徒歩で向かいます。
Dsc04772 Dsc04779
参道を歩いていたら途中下り坂になっているのでびっくり。上ったところに神社があるのは珍しくないのですが。やはり他の神社とは違いますね。
Dsc04782 Dsc04783
途中でお囃子が聞こえてきたので音の方に行ってみたら神楽の演奏が行われていました。
Dsc04784 Dsc04785
これはムスビの御神像。「大国主命が幸魂と命魂を授かり縁結びの神になったことを象徴する像」だそうです。
Dsc04788
現在は平成の大遷宮を行っているのでこの御仮殿にお参りします。参拝は二礼四拍手一礼で、これも他の神社とは異なります。
Dsc04789
こちらは本殿の前の八足門。これより奥には入れません。隙間から修造の工事の様子を眺めることができました。
Dsc04800
本殿の奥にある素鵞社の遙拝所から本殿の屋根が見えました。
Dsc04818 Dsc04820
こちらは神楽殿。日本一の注連縄は迫力ありますね。
Dsc04829
昼食は出雲そばとぜんざい。実は当初入ろうと思っていたお店がなんと長期休業中だったので違うお店に入ったのですが、こちらも美味しかったです。
Dsc04833
大国主命と因幡の白兎像。
Dsc04838
再び一畑電車に乗って松江しんじ湖温泉駅に向かいました。

つづく

山陰旅行-境港編-

今年の大型連休は山陰方面に行くことにしました。久しぶりに羽田空港から国内線で移動。
Dsc04447
窓から富士山がくっきりと見えました。
Dsc04448 Dsc04450
1時間ちょっとで米子鬼太郎空港に到着。ターンテーブルには目玉おやじが回っていました。
空港から境港へは「はまるーぷバス」で移動。
Dsc04476 Dsc04478
境港駅前に着くとちょうど「妖怪列車」が到着していました。ねずみ男列車と鬼太郎ファミリー列車の2両編成。
Dsc05027 Dsc05029
観光案内所でガイドブックを手に入れて水木しげるロードへ向かいます。水木しげるロードには沢山の妖怪のブロンズ像が設置されています。スタンプも設置されているのでスタンプラリーにも参加します。
Dsc04480 Dsc04486
駅前にもすでに沢山の像が。左は「死神」、右は「水木しげる先生執筆中」。
Dsc04501 Dsc04513
他にもいろいろなところに鬼太郎たちがいます。
Dsc04604
水木しげる記念館の近くには着ぐるみの妖怪たちもいました。一緒に写真を撮る人が多いので全部のキャラクターの撮影はできませんでした。ねずみ男が一番人気がありました。
Dsc04619
水木しげる記念館では先生の生い立ちや作品、各地に伝わる妖怪などが紹介されていました。
Dsc04639 Dsc04634
お昼はラーメン。私は鬼太郎まぐろラーメンにしました。観光地なのであまり期待はしていなかったのですが、意外と美味しかったです。透き通ったスープは鮪で出汁をとったものだそうで、さっぱりして葱や生姜の風味も感じました。
Dsc04672
来た道の反対側を通って駅に戻りますが、こちらにもブロンズ像が沢山。これは「べとべとさん」。
Dsc04680
途中のベーカリーではこんなものもありました。
Dsc04701 Dsc04702
こちらは妖怪倉庫。実際に使われていた物に妖怪の絵を書いたようです。ここは水木しげるロードからはちょっと離れているので、スタンプが設置されているのでなければ来なかったでしょう。
Dsc05028
無事に全部のスタンプを押したので完走賞を貰いました。
この後はさっき見かけた「妖怪列車」に乗って移動です。
Dsc04725
妖怪列車の境線の終点、米子駅では0番ホーム(霊番ホーム)に到着。山陰本線に乗り換えです。

つづく

2013年3月30日 (土)

KITTEにイッテ来ました

先日、夫が出張で羽田空港に行ったので私も見送りついでに空港まで行ってきました。その帰り、せっかくなので東京駅まで足を伸ばすことにしました。
Dsc03953 Dsc04039
最初の行き先は、「東京おかしランド」に期間限定で出店している「ハッピーターンズ」。ここではいろいろなフレーバーのハッピーターンが販売されているのです。着いたのは10時前。他の店舗がまだ空いていない時間のせいか、並ぶ人も少なくて5分ほど待っただけで入店出来ました。全種類の味が入っている物をすぐに買うことが出来ました。

その後はしばらく近辺をうろうろしてから早めにお昼を済ませ、OPENばかりのこちらへ。
Dsc03966
東京中央郵便局を建て替えてできたJPタワー。その商業施設がKITTEです。
これは地上から撮っていますが、東京駅から地下通路でつながっているというので、地下から入ってみることにしました。
Dsc03975 Dsc03976
KITTEの地下は「全国ご当地銘品フロア」ということで日本各地からお店が集まっています。右の写真は味噌汁専門店。この写真ではそれほど混雑しているように見えませんが、お昼近くだったのでイートインのあるお店には続々と人が集まって混み合っていました。
Dsc03980 Dsc03984
珍しいのはこちら。フリーズドライ食品の専門店です。北野エースでフリーズドライお味噌汁のCMがよく流れていたので知っていたのですが、他にもいろいろな食品がありました。
Dsc03983 Dsc04030
左は味噌と具材の組み合わせを選べるお味噌汁。でも結構高くつくので、私は珍しい物を購入。フリーズドライのカレーと枝豆ポタージュ。非常食にもなるかなと思ったのですが、賞味期限は普通のレトルトとあまり変わらないですね。
Dsc03986 Dsc03988
エスカレーターで1階に上がったところ、いきなり凄い行列に遭遇。何かと思ったら、1階から上の階に上がるエスカレーター自体に行列ができていたのでした。そうか、殆どの人は1階から入り、地下から入ってくる人は少数派だったのですね。
1階は広い吹き抜けがありきれいな桜の写真が掛けてあるな、と思ったら巨大な絵はがきでした。
Dsc03989
エレベーターで最上階に上がってから階段を下りながら見物することにしました。でもエレベータは最上階までは行かないので最後だけエスカレーターに乗り換え。レストランフロアだったのですでに人がぎっしり。お昼を他で済ませて正解でした。
Dsc03995 Dsc03998
最上階には屋上庭園がありました。混雑のため一方通行でしたが、とても眺めがよく、東京駅の丸の内駅舎を上から見ることができて面白かったです。
Dsc04016
4Fには旧東京中央郵便局長室を再現した部屋もありました。昔の建築中の様子を表した写真も展示してありました。
Dsc04019
2・3階にはミュージアムがありました。東京大学で長年収集してきた学術標本などが沢山展示されていて結構面白かったです。写真撮影はできませんが、入場無料でこんなにいろいろ見学できるとは思いもよらなかったのでよかったです。

まだ出来たばかりだし、春休み中ということでしばらくの間は混雑が続くと思いますが、普通のショッピングセンターとはひと味違うので、そのうちにまた行ってゆっくり見てみたいと思います。

2013年2月19日 (火)

小田原名物といえば・・・

先日夫が出張に行っていた間に休日があったので、代休をとることになりました。そこで一度行ってみたかった小田原に行くことにしました。

小田原は箱根に行くときに必ず通るのですが、いつも乗り換えるばかりで外に出ることは殆どありません。ちょっと遠いけど泊まりがけにするほどではないので行く機会がなかったのです。
Dsc03446
我々は小田急のロマンスカーで向かったのですが、JRの改札の上には大きな小田原提灯が下げてありました。
Dsc03456
まず向かったのは駅から徒歩10分くらいのところにある小田原城。歩道にはこんな可愛いタイルがいくつか敷いてありました。
Dsc03464
北側の登城口を上っていくと途中に発掘調査中の場所がありました。御用米曲輪と呼ばれていたところだそうです。文字通りお米を蓄える蔵があったそうです。
Dsc03474
こちらが天守閣。と、いっても昭和になってからコンクリートで復元したものです。中は歴史資料が沢山。展望台もありましたが、この日はあいにくの雨模様。海が近いのに霞んで見えませんでした。
Dsc03479
城内を歩いていると石垣を上り下りする猫がいました。時折落っこちそうになったり、隙間に入り込んだりして注目の的でした。
Dsc03484 Dsc03491
小田原といえば梅も有名ですね。曽我梅林が有名ですが、城址公園にも梅の木があり、ちょうど見頃でした。
Dsc03511
雨に濡れた紅梅もなかなかよかったです。

さて、お城の次に向かったのは・・・。
Dsc03516
こちら、鈴廣のかまぼこ博物館です。かまぼこも小田原の名物ですね。
Dsc03518 Dsc03537
こちらではかまぼこ・ちくわの手作り体験ができるのです。あらかじめ予約しておいたのですが、着いたときはちょうど前の回が行われていました。その周りにはかまぼこに関する知識を学ぶことができるコーナーになっていました。

体験の前に昼食を済ませます。この博物館の周辺一帯は「鈴廣かまぼこの里」といって、レストランや土産物店などの建物がいくつもあります。この日は雨のため傘の貸し出しがあり、各建物の移動に利用することが出来ました。
Dsc03532
今回行ったのがこちらのビュッフェレストラン。
たまたま期間限定で平日ランチは時間無制限になっていました。
Dsc03525 Dsc03526
Dsc03529 Dsc03530
かまぼこを使ったオードブルや地元産の野菜や肉、魚を使った料理が沢山。デザートもいろいろあってついつい食べ過ぎてしまいました。
チョコレートファウンテンもありました。
Dsc03538
手作り体験の時間までの間、博物館2階を見学。かまぼこ板絵コンクールの入賞作品や招待作家の作品が飾ってあり予想外に面白かったです。こちらは水木しげる先生の作品。

さて、手作り体験ですが、二人で参加したので写真はなし。ヘッドカバーとエプロンを着けて衛生面にはとても気を遣いました。かまぼこ板の裏とちくわ用の竹に自分の受付番号を書いて準備完了。
まずかまぼこですが、まず職人さんのお手本を見せてもらってから取りかかります。すり身をアイスクリームスプーンで2杯ほどもらうと専用の包丁でよく練り、かまぼこ板に少しずつ盛りつけていきます。これがなかなか難しくてなかなか表面がなめらかになりません。
できあがったら蒸し器に入れてもらいます。
次はちくわ。アイスクリームスプーンで1杯のすり身を使って作ります。まな板の手前に四角くすり身を伸ばして包丁でしごきながら竹に巻き付けて行きます。残ったすり身を表面につけてならして出来あがり。こちらは焼いていきます。
Dsc03542
ちくわはこんな機械でぐるぐる回しながら焼かれていきます。ちくわは20分ほど、かまぼこは70分ほど待ちます。焼きたてのちくわを食べたい人は20分後に取りに行くのですが、我々はかまぼこと一緒に持ち帰ることにしました。
ちなみに、作ったものは添加物が入っておらず、オープンな環境で作られているので消費期限が短く、ちくわは1日、かまぼこは3日とのことです。

かまぼこが蒸し上がるのを待つ間、お土産を買うことにしました。いろいろ美味しそうなかまぼこがあったのですが、手作りかまぼこがあるのであまり沢山は買えませんでした。
Dsc03545
まだ時間があったのでカフェで一休みしてから無事にかまぼことちくわを持って帰りました。
Dsc03547 Dsc03551
時節柄、小田原駅には雛人形とつるし飾りが飾ってありました。
Dsc03565
ロマンスカーを待つ間には藤子・F・不二雄のキャラクター電車が入ってきました。後で乗り換えの時にたまたま同じ電車に乗ることが出来ました。
Dsc03568 Dsc03572
こちらが今回のお土産。左が手作りかまぼこ・ちくわです。この他に魚の干物も買いました。ちくわはその日のうちに食べてしまいました。これからしばらくは毎日かまぼこ料理になりそうです。
今回気になりつつも買えなかったかまぼこがいろいろあるので、そのうちまた取扱店舗に行って探してみたいと思います。

2012年12月 4日 (火)

雨の高尾山

ハワイに行っている間に日本は急に冷え込んでしまったようで、あっという間に秋から冬に突入してしまいました。
でもまだ紅葉もちゃんと見ていないと言うことで高尾山に行くことにしました。

行った日の天気は、地元は曇りの予報でしたが八王子方面は晴れという予報でした。
Dsc02696
でも高尾山口についても空はどんより。昨夜の雨で地面も濡れています。
Dsc02701 Dsc02703
でもケーブルカーの乗り場付近からきれいな紅葉が見られました。
当初ケーブルカーに乗るか決めていなかったので往復乗車券を買わないで来たのですが、地面が滑りそうなのでケーブルカーを使うことにしました。いつもなら乗るのに行列ができるのですが、この日はすぐに乗車。それでも発車時刻までに車内は一杯になりました。
Dsc02706 Dsc02709
ケーブルカー先頭からの眺め。日本一の急勾配31度18分を登ると高尾山駅に到着。
Dsc02712 Dsc02787
ここに着いたら必ず甘い物で一服。これは黒豆の餡の入った天狗焼き。
Dsc02713
夫はクルミだれの三福だんごを食べました。
Dsc02716
ここからの眺めは・・・紅葉はきれいですが、遠くは霞んでしまっています。
まずは高尾山薬王院に向かいます。途中でさる園やたこ杉などを通過。
Dsc02727
たこ杉のそばにこんなものを発見。見たことないなあと思ったらやはり2年くらい前に作られた物のようです。
Dsc02731
浄心門を通過。写真を見ればわかるようにすでに雨が降り始めています。
Dsc02734
男坂と女坂の別れ道。今回は女坂のゆるやかな道を選択。
Dsc02739 Dsc02747
四天王門(山門)と天狗像。
Dsc02756 Dsc02758
階段を上って仁王門をくぐり御本堂へ。
Dsc02772 Dsc02773
さらに登ると御本社があります。奥の院を抜けて山頂に向かいます。
Dsc02778 Dsc02781
山頂に到着した頃には雨はすっかり本降りに。晴れという予報は一体何だったの?
でもそのおかげで(?)休憩所も比較的空いていました。ほとんどの人が昼食を取っていましたが、我々は軽くお菓子を食べただけで下山。
Dsc02784
奥の院から別の道を降りて行くと紅葉がきれいなところを見つけました。
Dsc02786
途中の権現茶屋で一休み。醤油味のごまだんごが美味しかったです。
この後はまだ雨が降り続いていたのでひたすら歩き、ケーブルカーで下りました。
高尾山口駅のそばのお店で昼食。
Dsc02793 Dsc02794
左は月見とろろピザ。高尾山は月見とろろそばが有名なのでそれにちなんで作られたようです。味は和風でだしの味がしてちょっと変わっていたけど美味しかったです。
右は普通のミートーソース。

今回は往復ケーブルカーを使用したので思ったよりも早く戻ってきました。6時間程度で家まで帰ってくることが出来ました。そのためちょっと物足りない感じもしました。きっとお天気のいいときにケーブルカーを使わないコースで登った方が達成感があるでしょうね。

2012年12月 1日 (土)

初めてのハワイ旅行-5日め&お土産

今日でハワイ滞在もおしまい。
Dsc02596
この日の朝、ホテルロビーの「Gingerbread Village」はほぼ完成していました。朝なので電動で動かす部分が動いていなかったのが残念。

朝5時にはスーツケースが回収され、6時過ぎにはバスで空港へ向かいました。空港で説明を受けた後荷物を預けて出国手続き。靴を脱ぐのはわかっていましたが、今回は全身スキャナーを通されました。これだとポケットにティッシュが入っているだけでも引っかかるようです。
Dsc02603
後は搭乗を待つだけ。
Dsc02605 Dsc02606
帰りの機内食。左が最初に出たもの。季節の新鮮なフルーツとヨーグルト、トマトとパルメザンチーズのオムレツ、皮付きポテトのローストとカナディアンベーコン添え。チーズとクラッカー、ブラウニー。
右が到着前。季節の新鮮なフルーツ、ターキーとスイスチーズのクロワッサン。
あとメニューには書いていませんがオレンジジュース。ちなみにクロワッサンと書いてあったけど実際にはベーグルでした。

そして無事にお昼には成田到着。荷物も無事に戻ってきて夕方に家に戻ってスーツケースを開けてみると、こんな物が入っていました。
Dsc02655
どうやら一度開けられてチェックされたようです。もちろん中身は特に変わった様子はありませんでした。
Dsc02615 Dsc02614
自宅用のお土産はこんな物を購入。定番のマカダミアナッツは味の違う物を少しずつ。
パンケーキに掛けるココナッツシロップとマンゴーバター。
ちなみに缶入りのナッツは税込みで5ドル程度だったのですが、日本に帰って来て同じ物の値段を見たら980円!。お土産通販カタログを見たら3缶セットで3780円!!でした。

Dsc02616 Dsc02621
ルピシアのハワイ限定茶、「LANIKAI ラニカイ」と「HUA KI フアキ」。ハワイアンキルトのクッションカバー。このほかにアロハシャツ。
Dsc02625
他の人へのお土産にホノルルクッキーカンパニーのクッキーを、パッケージ違いでいくつか。自宅用にも少しだけ買いました。

これでハワイの旅行記もおしまいです。

2012年11月28日 (水)

初めてのハワイ旅行-4日め

ハワイ滞在4日目。実質の滞在期間としては最終日。この日も朝早くから出かけます。
今回の行き先はパールハーバー。資料館とアリゾナ記念館を見学するオプショナルツアーに参加しました。朝食は近くのホテルのカフェが6時に開くのを待ってカフェオレとサンドイッチで手早く済ませました。

今回のツアーはこれまでと違い中年の男性が多かったです。戦艦ミズーリも見学するツアーの参加者と同じバスでした。こちらは午後まで掛ってしまうので今回は短時間で見学出来るところだけにしました。

アリゾナ記念館へはボートで向かうので決まった時刻に一定の人数しか行けないのですが、ツアーガイド(運転手さん)によると、早朝にチャイニーズの大規模ツアーがやってきて早い時間のボートのチケットを確保してしまうので、到着が遅れるとボートのチケットも遅い時間になってしまうのだそうです。今回は9時15分のチケットを目指すと言うことでややバスも飛ばし気味でした。
また、記念館へは個人の荷物の持ち込みは禁止。バッグ類がNGでポケットに入るものだけはOK。9.11の直後は腰にぶら下げたカメラケースもだめと言われたそうです。

無事に予定通りのチケットを確保すると、音声ガイドのイヤホンを受け取って各自資料館を見学。ボートの時間まで1時間ほどあるのでゆっくり見学できました。

資料館は、パールハーバー攻撃前のハワイや日米の状況、攻撃当日の様子を時間を追って説明していました。被害を受けた側の立場で説明されているのはまあ当然なのですが、ちょっと驚いたのが、当時のハワイの人口を出身国の割合で示した円グラフで、なんと日系人が37%もしめていたのです。
イオラニ宮殿を見学したときに、当時すでに本来のハワイアンの人が減っていて移民の勢力が強くなっていたと聞いてはいたのですが、このグラフを見るとハワイアンは15%しかいないのです。
Dsc02445
ということは当然ながら攻撃に巻き込まれて無くなった民間人にも日系人がかなりいたということなのです。
Dsc02452 Dsc02491
戦闘機や軍艦の模型、戦艦アリゾナの碇なども展示してありました。
Dsc02465
パールハーバーから見えるアリゾナ記念館と戦艦ミズーリです。

さて、9時5分頃に所定の場所に集合したあと、まずは全員で映画を鑑賞します。アリゾナ記念館がどういう物であるのか見学前に知ってもらうということです。記念館は攻撃で沈み引き上げることのできなかった戦艦アリゾナの上に作られているので記念館自体が墓地、霊廟でもあるのです。
Dsc02511 Dsc02542
ボートに乗って記念館に移動。先に見学していた人と入れ替わりで中に入ります。
Dsc02521 Dsc02522
記念館の中の様子。右の海の上に見えるのはアリゾナの主砲塔の一部です。
Dsc02528 Dsc02529
奥には戦死した乗組員の名前が刻まれていました。

再びボートに乗ってパールハーバーに戻ると、戦艦ミズーリに向かう人たちと別れてワイキキまで戻りました。ガイドさんのおかげで無事午前中に帰ってくることができました。もし個人で見学に行っていたらボートに乗るのが遅くなってしまったことでしょう。ツアーで参加して本当によかったです。

Dsc02555
さて、今日の昼食はロイヤルハワイアンセンターのフードコートに行きました。私は一度たべてみたかったガーリックシュリンプのプレート。こちらのハーフプレートは日本人にちょうどよいサイズ。
午後は、ワイキキの中でまだ行っていなかったワイキキビーチウォークの周辺や泊まったホテルの東側を散策。
Dsc02558
大きなテディベアを発見。このお店はテディベア・ワールドといって、テディベアのショーが行われているようです。
Dsc02584
途中でセルフサービスのフローズンヨーグルトのお店へ。自分で食べたい量を盛りつけて価格は従量制。
Dsc02590
日本では見かけない変わった鳥を発見。ちなみに街中にはハトやイエスズメも沢山いました。
Dsc02570
午後ホテルに戻るとまだ「Gingerbread Village」は制作中。
Dsc02595
晩ご飯は、まだこちらでは食べていなかったハンバーガーにしました。「テディ・ビッガーズバーガー」というお店です。私はアボカドを追加しました。

さて、明日の朝はついに帰国です。

5日めに続く

2012年11月26日 (月)

初めてのハワイ旅行-3日め

3日目の朝食はちょっと歩いて別のホテルで食べることにしました。混まないうちに6:30の開店を待って入店。
Dsc02292
ラナイ(ベランダ)の席を確保することができました。よく見ると手すりが濡れていてさっきまで雨が降っていたのだと気がつきました。思っていたよりも天気の変化が激しくてなかなか晴天に恵まれません。
Dsc02296 Dsc02298
私はエッグベネディクトを注文。イングリッシュマフィンの上にソーセージとポーチドエッグをのせてオランデーズソースを掛けた物。一度食べてみたかった物です。ソーセージの部分は店によって様々でスモークサーモンやカニの身などもあります。マフィンがかりっと焼けていて美味しかったです。
夫は期間限定メニューのパンプキン・パンケーキ。生地にカボチャが練り込んであるようです。味見をさせてもらいましたが予想したほど甘くはなかったです。でも食べているうちにだんだん重くなってきたようです。

いったんホテルに戻った後、イルカショーなどを見に行くツアーに参加しました。これは旅行を申し込んだ人は無料で参加出来るため、バス3台にもなる大規模なツアーとなりました。待っている間にも急に雨が降ってきてお天気が心配でした。
Dsc02315
バスは東海岸沿いを走り、途中で「ハロナ潮吹き穴」というところで下車。打ち寄せた波が浸食されて出来た穴から間欠泉のように時折勢いよく吹き出すのです。
Dsc02323
車窓から見えたサンディビーチ。
Dsc02355 Dsc02342
シーライフパークに着くとツアー限定のイルカショーを見学。今回はこのショーの見学のみでパークの中を見学することは出来ませんでした。イルカに触るオプショナルツアーを申し込んだ人はこのままパークに残ることができますが、我々はまたバスに乗って移動。
次に向かったのは・・・
Dsc02378 Dsc02375
日立のCMでおなじみの「気になる木」です。モアナルアガーデンというところにあります。モンキーポッドという木で、ネムノキの仲間です。ちょうど花が咲いていました。同じ種類の木は他の場所でも見かけましたが、この木は特に大きくて立派でした。
Dsc02372
木の下から見上げるとこんな感じ。人が入ると大きさがよくわかりますね。

またバスに乗ってワイキキの街に帰還。午後1時を過ぎていたので昼食場所を探しますが、事前に調べていたお店は行列。あきらめてワイキキショッピングプラザのフードコートへ行き、コリアンバーベキューのプレートランチを食べることにしました。
Dsc02383
ハーフサイズにしたのでご飯は一山ですが他のおかずはとてもハーフとは思えない量でした。メインをカルビにしたら骨付きの立派なお肉だったのでびっくり。副菜はブロッコリーのナムルとワカメの酢の物にしました。

午後はお土産を買うためあちこちのショップを回りました。その後いったんホテルに帰還。
Dsc02389 Dsc02392
ロビーの「Gingerbread Village」の準備が着々と進んでいました。

さて、今日の晩ご飯は「チーズケーキファクトリー」に行くことにしていました。大変人気があるのですが予約は受け付けていないので、17時前に行くことにしました。
Dsc02395
行ってみたところ、すでに外で待っている人が大勢いました。呼び出しベルを受け取って外で待っていると10数分くらいで呼び出し。意外と早かったです。
17時前に入れたのでまだランチのメニューが注文できると判明。ランチメニューなら軽めに食べられるかな?と期待。
Dsc02398 Dsc02399
最初に出てくるパンは美味しかったのですが、うっかりこれを食べ過ぎてはいけません。
まずサラダが来ましたが、いきなり山盛りです。
Dsc02400 Dsc02401
私はシェパーズパイ、夫はサーモンのソテーを注文。写真だとわかりにくいですが、かなり皿が大きいです。がんばって食べたけれどもやっぱり完食は無理。サラダも、何度すくっても底が見えてこない。ギブアップです。
このお店は名前の通りチーズケーキが売りなのですが、とてもデザートまで食べるのは無理。
Dsc02403
ショーウインドウに並ぶケーキは美味しそうなのですが、1ピースの大きさもかなりのものです。
腹ごなしにまた街を散策。これまであまり歩いていないホテルの東側の海岸ぞいを歩くことにしました。
Dsc02408
これはサーフィンの神様と呼ばれるデューク・カハナモクの像。名前が読みづらいので「デューク、カモナ?カハモナク?」などと言いよどんでいたら、夫が「デューク・カモノハシ?」と言ったので吹き出しそうになりました。
Dsc02413
こちらのビーチでもフラのショーをやっていました。週に4回行われている、クヒオビーチフラショーです。誰でも無料で見られるので大勢の人が集まっていました。小さな子供も一緒に踊っていました。

4日めに続く

より以前の記事一覧

Twitter


ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

mail


  • お問い合わせはこちら