カテゴリー

無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年8月の記事

2012年8月18日 (土)

ケータイマグ

いつもお茶を持ち歩くときは、THERMOSの「真空断熱ケータイマグ」を使っていましたが、今回新しい物を購入。
Dsc00961
THERMOS 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.4L ブルー JNI-400 BL
(amazonへのリンク)です。この写真だとかなり青いですがamazonのサイトの写真の色の方が本物に近く紫に近いです。
以前使っていた物は、
Dsc00965
こちらの右側の物。見ての通り、ちょっと太めでしかも回して開けるタイプ。両手を使わなければならないし、太いのでバッグのボトル入れに入れるのが大変でした。
Dsc00967
こうしてみるといかに上の部分が太いかわかります。
Dsc00963
こちらの右側にあるのは、夫が長年愛用している物。片手でワンタッチで開けられるタイプですが太さは上の回して開けるタイプとほぼ同じ。容量は今回買った物よりも多く入ります。
ワンタッチオープンタイプの物の方が回して開ける物よりやや高めだったので、しばらくは回して開けるものを使っていましたが、このスリムなタイプを見かけてこれいいなー、と思いました。amazonで調べたら予想通り他のお店より安い。ちょうどネットのポイントが貯まっていたのでamazonギフト券に交換。少し安く購入出来ました。
Dsc00969
ちなみにこちらは200ml入りのもの。THERMOSのではありません。少しだけ持って行きたい時は便利なのですが、中蓋がないせいか保温・保冷力がやや劣るような気がします。
Dsc00971
ふたを開けたところを自分用の三つを比較するとこんな感じです。

今回買った物は、夫の買ったものとの違いは、開けるところのストッパーの形が変わったのと、中蓋のうち飲み口部分を分離して洗うことが出来る点。進化していますね。容量はやや少ない物の、軽量化されているので持ち歩くのも楽になりそうです。

2012年8月12日 (日)

ブルーベリー豊作

久しぶりにガーデニングの話題を。

今年はブルーベリーの実が沢山成りました。ここ2年ほどはあまり収穫できなかったのですが、今年は強風で花や実が落ちることもほとんどなく順調に成熟しました。
Dsc09655 Dsc09656
そこで鳥よけのカバーをつけました。ベタ掛け用の不織布が余っていたのでそれを利用。
Dsc09657
角のホームベルだけは実が少なめだったし、不織布も足りなかったのでカバー無し。鳥さんにお裾分けすることにしました。それでも最近は多少収穫できています。
Dsc00764
これが今日の収穫分。品種別に分けて写真を撮っています。
Dsc00718
こちらは昨日の分。わりと多く収穫できた日です。
この調子で毎日採っているのですでに大量に収穫済み。

粒の小さめの物は干し網を使ってドライブルーベリーにしています。大粒のものは一部はバナナや牛乳と一緒にジュースにしています。そのまま食べるとちょっと酸っぱいので。
残りの大半は冷凍庫に保管。沢山たまったらいずれジャムにする予定ですが、すでに500g位にはなっています。
Dsc00761
今日の時点で一番実の多く付いている鉢はこんな感じ。まだまだ収穫出来そうですね。
ただしこれは「スワニー」というあまり野生種に近い品種。小粒で甘みも少ないのであまり評判はよくないです。小粒なので大半はドライブルーベリーにしています。

さて、最終的にどのくらい収穫できるかな?

2012年8月11日 (土)

オペラ座の怪人

夏休みのイベント第二弾。初めて劇団四季のミュージカルを見に行くことにしました。

昔は劇団四季のミュージカルのチケットを手に入れるのはとても大変だったのですが、今はネットでわりと直前でも取ることができます。それでもやはりいい席は先に埋まっていました。
Dsc00607
演目はオペラ座の怪人。場所は汐留の電通四季劇場です。ちなみにこのポスターには出演者のサインが沢山書き込まれています。
Dsc00590 Dsc00592
午後の公演なので、その前にカレッタ汐留で腹ごしらえ、。平日のビジネス街なので混む前の11:30過ぎにお店に入ることにしました。鼎泰豐のランチセットです。
新宿のお店だとこの時間ではもうすでに行列になっていますが、こちらではまだ席に余裕がありました。
Dsc00668
時間に余裕があったのでちょうど開催されていたスタンプラリーをやることにしました。上層階のレストラン街にもスタンプがあったので直通エレベーターで一気に上りました。
Dsc00596
スカイレストランフロアからの眺め。右は浜離宮公園、左は築地市場です。奥の方には東京ゲートブリッジも見えていい眺めでした。この週末は花火大会が開催されるので、この時はエレベーターの通行規制がかかることになっていたようです。その時間帯の公演を選ばないでよかったです。

Dsc00609
いよいよ開演です。会場内は撮影禁止。
劇団四季のミュージカルは初めて見ましたが、とてもよかったです。

まず音楽が生オーケストラなのを知らなかったので、チューニングの音が聞こえてきた時は、ちょっと驚きました。
オペラ座を舞台にしているだけに劇中劇がいくつかあって楽しかったし、歌唱力もすばらしかったです。

ストーリー自体は、私はかなり昔にTVドラマ(?)でやっていたのを見たことがあったので大体は覚えていました。この話は現代の感覚で見るととんでもない人権侵害なんですよね。とても悲しかったです。

2012年8月10日 (金)

日原鍾乳洞

またもブログ更新まで間があいてしまいました。7月は結局記事を書かず終い。配水管洗浄とかソラマチに行ったとかネタはいくつかあったのですが・・・。そこで今回は忘れないうちに。

今週は夫の夏休みでした。例年はなかなか休みを取ることができず、秋までずれ込むことが多いのですが、今年は遅くなる前に何とかやりくりがついたようです。でも急に決まったので泊まりがけの旅行というわけにも行かず、日帰りでちょっと遠くに足を伸ばすことにしました。

夏の暑さを少しでも忘れられそうなところということで以前から一度行ってみたかったのが奥多摩地域にある鍾乳洞。いくつかありますが、今回は日原鍾乳洞に向かいました。

うちからはまず立川に出てJR青梅線で奥多摩駅に向かいます。家から立川までは30分ちょっとなのに立川から奥多摩までは1時間以上掛かるので同じ東京都内とはいってもやっぱりかなり遠いですね。しかもバスの本数が少ないので最初のバスに乗れるように早起きして向かいました。
Dsc00408
奥多摩駅から鍾乳洞行きのバスに乗って35分。そこから数分歩いて行きます。
実はこのバスは土日だともう少し手前の停留所、東日原までしか行かないのでそこから20分ほど歩かなければなりません。
Dsc00420
途中から車両は通行止め。実は先日大雨が降ったときに落石があって7月上旬まで鍾乳洞自体も休業していたのだそうです。
Dsc00423
道路から川の方に降りていくと日原鍾乳洞の入り口が見えてきました。でも実はここは券売所でした。ここで持ってきたジャンパーを上に着て出発。
Dsc00428 Dsc00433
入り口に近づくともう冷気が漂っています。そして階段を降りて行きます。
Dsc00438
中に入ると案内図がありました。(クリックで拡大します)
この図だけではわかりませんが、実際に入ってみるとかなりの高低差がありました。
Dsc00441
でもこのように蛍光灯で照らされていて各ポイントの名称のプレートがつけられていたので思っていたよりは歩きやすかったです。
Dsc00454
狭い道をしばらく歩くかと思えばこんな広いところもありました。
ちょうど最近「ロード オブ ザ リング」を見たばかりだったので、いかにもその中に出てきそうなところだなあと思いました。ちなみにこの場所は「死出の山」と名付けられていました。
Dsc00467 Dsc00469
奥の階段を上っていくと、観音様が安置されていました。

来た道を戻ると途中で道が分かれていて新洞へ入ります。「新洞」は昭和37年に手つかずのまま発見されたところだそうです。
Dsc00492
新洞へはとても急な階段を上らなければ行けません。足下が危ういのでここからしばらくは写真が撮れませんでした。
Dsc00503 Dsc00505
ここは網で覆われているので写真が撮りにくいのですが、きれいな鍾乳石や石筍、石柱が沢山ありました。
ちなみに途中に温度計があったので見たところ11℃でした。上着を着てきてよかったです。たまに上から水が垂れてくることもあったのでフードもかぶったほうが安心。

再び元の道へ戻って、約一時間で外に出てきました。この日は結構曇っていたので外も思ったほどは暑くなかったです。帰りのバスまで1時間もあるので途中の休憩所で軽くおそばを食べて時間つぶし。
Dsc00525
バス停に戻るとこんなお知らせが。来週の旧盆中は平日であってもバスが土日と同じように東日原までしかこないのだそうです。今週のうちに行けてよかったです。
鍾乳洞を回る時間が思ったほど掛からなかったので、奥多摩駅に戻った時点でまだお昼前でした。
またJR青梅線に一時間乗って立川まで戻った頃にはまたお腹がすいてしまいました。
Dsc00536
そこでグランデュオ立川のマザーリーフでワッフルを食べて一段落。やっぱり美味しかったです。

うちからはかなり遠いとは思っていたものの、日帰りで山奥の鍾乳洞まで行って帰れるのだから意外と近いなあと思いました。公共交通でも気楽に行けるところでよかったです。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年11月 »

Twitter


ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

mail


  • お問い合わせはこちら