カテゴリー

無料ブログはココログ

« 生長する野菜【日記】 | トップページ | 甲府日帰り一人旅・武田神社【写真】 »

2009年6月10日 (水)

甲府日帰り一人旅・あらまし【日記】

昨日は甲府まで行ってきました。
RAYが出張で居ないこの一週間の間の予定として、当初はちょっと遠い友人の家を訪問する予定だったのですが、友人の体調不良のため今回は中止になってしまいました。
そこで、それなら別の所に遠出しようかなと思ったわけです。

しばらく電車での旅行をしていないので電車がいいな…。でも泊まりだと荷物が多くなって面倒なので日帰りで。それならなるべく移動時間は短い方がいいけど、新幹線だと片道でも1万円くらいになるし乗車駅までの時間も掛かる、ということでお手軽なところで中央本線の特急に乗ることにしました。

行き先を甲府にしたのは、以前RAYが自転車で行ったことがあるところなので、今後行く可能性が低いと思ったからです。調べて見ると一日観光にちょうどよさそう、ということで早速計画を立てました。

というわけで、この記事ではざっと当日の行動をざっくりと載せておきます。(写真は全てクリックで別窓に拡大します)

当日の朝は、普段の平日と同じ時刻に起床する予定でした。ところが、前日はなかなか寝付けず、朝は予定の1時間半も前に目が覚めてしまいました。
朝食は摂らずに立川駅に向かいました。何故立川にしたのかというと、駅ナカ店舗ecuteがあるので朝早くからお弁当が確実に購入できると思ったからです。八王子からなら特急料金が少し安くなりますが、こちらの駅弁販売状況は事前にはわかりませんでした。
090609b1 090609b2
と言うわけで朝食に買ったのはこのお弁当。実は意外とお弁当の種類は少なかったです。早朝だったからでしょうか?
立川からは特急「あずさ」に乗りました。行きは予め「えきねっと」で指定席券を予約しておきました。「えきねっと」では座席も選べるのが便利。山側の窓際にしようと思ったのですが、指定画面では進行方向がわかりません。別のところで調べたところ、大抵上り電車の先頭が一号車になるというので下りだと席の並び順も降順になると判断して選びました。
実際予想通りだったのですが、その車両が先頭だったはちょっと意外でした。

周りの席は中高年のおばさまが一杯。結構な人数の団体だったらしく、各テーブルにはそれぞれの人が持ち寄ったお菓子類が置かれていました。おばさま方って本当にお菓子を配るのが好きですよね。
幸いにも私の席の隣は誰も来ませんでした。
090809singen1
立川から1時間15分ほどで甲府に到着。これは駅前の武田信玄像です。
090609busstop1
まずは駅北口からバスに乗って武田神社に向かいました。8分ほどで到着。バス停のモモとブドウの柄が可愛いです。
実は駅の北口は工事中で、バスターミナルの場所が事前に調べたところから変更になって間に合うかと焦りました。

この武田神社は実は武田氏三代が居住していた「つつじが崎」の館跡。周は掘で囲まれ、正面の階段の脇は石垣が積まれていてまさに「城跡」のようでした。
090609takedajinja1
神社の入り口になにやら鎧甲のようなものがあります。
090609takedaphoto1 090609takedaphoto2
近づいてみると、有料の撮影コーナーでした。ちゃっかりしてますね。

090609kabutoya1 090609kabutoya2
参拝・観覧が予定より早く済んだので、神社の前の売店で巨峰ソフトを購入。ところが食べ終わらないうちに帰りのバスが来てしまったので乗ることが出来ませんでした。バスは30分おきです。結局予定通りのバスに乗って駅前に戻りました。
090609kosaku1 090609kosaku2
駅前のお店でちょっと早めの昼食です。「小作」という「ほうとう」が名物のお店。でもこれからの季節に「ほうとう」はちょっと暑いですね。
090609kosaku3
というわけで冷やしほうとう、「おざら」というのにしました。ほうとうの麺を冷たくして、温かい野菜入りのつゆにつけて食べるものです。美味しかったけどちょっと味が濃かったかな?ほかに「サラダおざら」というのもありましたが、それだといわゆるサラダうどんと似たような感じだったのでここでなくても…と思いやめました。
090609museum1
次に向かったのは山梨県立美術館です。ちょうど駅構内でお得なバスとのセット券があったのでそれを購入。
090609museum2
チケットは行きのバス・常設展入館・帰りのバス・控えをそれぞれ切り離すようになっていました。
090609museum4 090609museum3
バスに15分ほど乗って到着。庭も建物もとても広かったです。常設展示だけでもミレーの著名な作品、「種をまく人」や「落ち穂拾い」等やバルビゾン派の画家の作品を見られて満足でしたが、意外と時間に余裕があったので特別展「ベルギー近代絵画の歩み」も見ることにしました。
都心の美術館だとどこに行っても大混雑で疲れてしまうのですが、ここは空いていてゆったり見ることが出来てよかったです。いつもの旅行だと、寺社史跡めぐりが中心になってしまい他に費やす時間のない事が多いのですが、一人だとこういう所も行けたのでよかったです。

再び駅前に戻り、ちょっと疲れたので休憩することにしました。甲府は結構都会なのでスタバやタリーズなどもありますが、せっかくなので地元の喫茶店に入りました。
090609t1 090609t2
駅ビルの中の喫茶店です。中にはアンティークの振り子時計や沢山の手動コーヒーミルが飾ってあって、期待通りの雰囲気でした。ケーキも手作りらしく美味しかったです。でも駅ビルなのでsuicaも使えるところが便利。

このあと、また北口に出ました。「山梨宝石博物館」というのがあるというのですが、事前情報が乏しく、ちょっと不安。
090609houseki1
と思っていたら、こんな事になっていました。今は河口湖畔にあるそうです。

気を取り直して、また駅前に戻り、
090609rekishikoen1
陸橋の向こうにある歴史公園へ。駅の近辺はもともと甲府城のあったところで、南側は舞鶴城公園として整備されていたのですが、北側の「山手御門」跡は2007年に復元されて「歴史公園」として開放されたのです。
090609maidurujo1
その後は当然舞鶴城公園にも行きました。とても石垣が立派ですばらしい城跡でした。急な石段を登って歩きまわったので結構大変でした。リュックにウォーキングシューズで来たのは正解でした。

お城を降りると県庁の裏に出ましたが、ここから歩いて表通りに向かいました。さっきバスに乗っていて気になるものがあったからです。
090609furinkazan2
それがこの「風林火山Garden」です。中には「風林火山なるほど時代館」「やまなしおどろき偉人館」「山梨ザ・産直SHOP」等があるということで入ってみました。
すると、実はここは県庁の建物の一部、県民情報プラザの施設でした。建物内は写真に撮ってもよかったのかもしれませんが、「川中島合戦図屏風」のところには写真撮影は厳禁、しかもインターネットでの公開は著作権の侵害にあたるなどと書かれていたので、他のところも撮影する気が失せました。
そのかわり、外側はこんな風になっていました。
090609furinkazan1 090609furinkazan3
複数の幟(のぼり)を使って一つの絵を見事に表現していました。右は同じのぼりの裏側を撮ったものです。

こうしているうちに夕方になってきたので帰ることにしました。
090609s1 090609s2
晩ご飯は「かふふ驛弁當」です。「かふふ」とは「こうふ」の歴史的仮名遣いです。
帰りは他にもいろいろなお弁当があって迷いました。
帰りは自由席にしたので、すぐに来た「あずさ」に乗ろうと思ったのですが、意外と混んでいたので、パス。次の「かいじ」にしました。「かいじ」だと甲府始発なのです。先頭にならんだので列車に乗ったらすぐに入り口近くの席を確保。気を遣わずにリクライニングにできます。

090609yama1
帰りの列車からの風景です。
帰りは八王子で乗り換えて最寄り駅まで戻りました。1日という短い旅でしたが、久しぶりに旅らしい気分を味わうことが出来ました。

このあとは各スポットで撮った写真を載せていきます。そんなにきれいな写真ではありませんが、もしよろしかったらご覧下さい。
この記事の写真を見て気がついた方もいらっしゃると思いますが、実は数日前からカメラのレンズに黒っぽいシミのようなものが付いてしまい、写し方によってはすごく目立ってしまいます。レンズの表面が汚れているわけではないようなのでどうにもならず、ちょっと困っています。

« 生長する野菜【日記】 | トップページ | 甲府日帰り一人旅・武田神社【写真】 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

【日記】」カテゴリの記事

寺社・史跡」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

Twitter


ペットうさぎ専門ウェブサイト「うさぎといっしょ」 うさぎブログペット
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

mail


  • お問い合わせはこちら